介護用品レビュー・情報なら

【転ばぬ先の!】杖の先ゴム

 

今回は、杖の先ゴム交換のお話し。

 

 

@まずは減ってきたら交換!(当たり前ですが)

 

ゴムの溝がすり減っていき、溝がなくなります。

 

普段から先ゴムに注意して、無くなる前に交換してください。

 

 

杖を斜めに突くことが多い方はゴムは片減りしていきます。

 

この片減り具合で突き方のクセがわかります。

 

片減り過ぎの方は特に力が入っていることが多いので、

 

肘、肩に負担がかかりすぎです。

 

そこから肩こり、腰痛に繋がっていきます。

 

気づいたら、なるべく正しい突き方で歩いてくださいね。
(より垂直に近いほうがいいです)

 

斜めに突くと他の歩行者にぶつかって、

 

事故からの怪我なんてことにも><

 

それと滑りやすい路面(タイルとか)は特に注意してください。

 

 

A溝があるけど・・・交換!

 

使ってなかった杖は先ゴムの溝はしっかりあります。

 

ですが、ゴムが硬化してしまい滑りやすくなります。(特に冬とか)

 

ご使用前にゴムをつまんでみるか、地面に押し当ててください。

 

(ひび割れなんかも見落とさないように!)

 

なんか硬いなとか、コツコツとゴムっぽい音じゃないなとか感じたら、

 

必ず交換してください。

 

使うと滑ります。危険!

 

 

 

じゃあ交換しよう!

 

 

まずはお持ちの杖の外径を調べて下さい。

 

先ゴム外して定規をあてて直径を測ればOK。ノギスで測ればなおOK。

 

そして先ゴは外径と同じ内径サイズを選んでください。

 

でもね、測りたくても先ゴムが張り付いて取れないことが多々あるんですよ。

 

ゴムがべっとりしちゃったりで。

 

なので最初から杖をお店に持ち込んで、計測・交換と、

 

全てやってもらいましょう。その方が安全。

 

うちもご自宅でやるより持ち込んでもらった方が安心なんですよね。

 

 

 

サイズですが、だいたい16mmから18mmが標準です。
(1本杖の場合)

 

値段も400円〜500円前後。

 

 

上の写真の先ゴムは、底が特殊加工で滑り難くなっており、

 

ちょっとお高めの1,620円。でもこれいいですよ。

 

 

多少の摩耗でも粘りがあります。

 

 

吉田たかし的採点

 

これ突いてみると違いがわかります。特に18mmとかの太めにオススメ。

 

 

とにかく先ゴムはノーマルゴムでもよいので、交換の意識だけは忘れずに!

 

 

お洒落な12mm〜13mmとかのステッキや松葉杖、

 

ロフストランドクラッチや4点、3点杖などは、

 

専用先ゴムだったりするので

 

メーカー名や商品名は忘れずにメモしてくださいね。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村

 

 



 

 

 

 

関連ページ

自立先ゴム
介護用品店「フリーテンポ杉並」のブログです。 当店の介護用品ライター吉田が、介護用品を実際に使用した感想を綴ります。また、健康用品、オーガニックフーズなどの情報もお届けします。
ダブルマジックV
介護用品店「フリーテンポ杉並」のブログです。 当店の介護用品ライター吉田が、介護用品を実際に使用した感想を綴ります。また、健康用品、オーガニックフーズなどの情報もお届けします。
リハビリエプロン
介護用品店「フリーテンポ杉並」のブログです。 当店の介護用品ライター吉田が、介護用品を実際に使用した感想を綴ります。また、健康用品、オーガニックフーズなどの情報もお届けします。

 
HOME 初めての福祉用品 プロフィール お問い合わせ 店舗情報